前へ
次へ

不動産登記は何か道具は必要か

何かの作業を行う時には、必ずと言って良いほど道具が必要です。
住宅のリフォームなどを行う時は、専用の道具を使うでしょう。
不動産に関する作業は、たいてい道具が必要ではありますが、登記はそれほど専門的な道具は必要ありません。
不動産登記であれば、紙とペンだけで問題ないからです。
ただし、書類の手続きは必要です。
そもそも不動産登記の手続きを進めるためには、申請を行わなければなりません。
申請の種類も色々あって、WEBや窓口などがあります。
遠方の窓口に行くのが難しい場合、WEBで手続きを進めている方も多いです。
WEBなら、24時間手続きを行うこともできます。
その申請の書類手続きは、特に専門的な道具が求められる事はありません。
上述の紙とペンだけで構いません。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

申請手続きだけでなく、役所からの書面手続きも道具は必要ありません。
やはり、紙とペンだけで十分です。
不動産登記に関わる役所の書面は、主に印鑑証明と住民票です。
特に前者の書類は大切で、本人が確実に手続きを行っている事を証明できます。
しかしその手続きを踏むさには、わざわざ専門的な道具を準備する必要はないでしょう。
ところで不動産登記の手続きを進める時には、物件の構造などを明らかにしなければなりません。
保有者だけでなく、物件は具体的にどのような状態なのか、図で明示する必要があります。
このため登記の手続きを進める際には、図面作成が必要な事もあります。
費用を節約したい時などは、自力で図面を作る事も可能です。
その作成作業の際に、複数の道具が求められる事はあります。
例えば三角定規です。
建物の構造を明示するにしても、三角定規がある方が色々便利でしょう。
そうかと思えば、30センチぐらいの上にも必要ですし、黒い色のペンも準備しておく必要があります。
場合によっては、赤い色のペンが求められる事もありますが、必須ではありません。
別の色の筆記具が必要かどうかは、状況次第です。

Page Top